ぐたぐた日記

思いつくままに、最近の出来事を日記にして保存

CX-3燃費及び装置のテスト報告

4/25納車で半月経ちましたが一度燃費報告をいたします。
最初に、納車後すぐ満タン給油。26.3L
その後、市内と箱根峠、三島往復
合計:210.7Km走行し給油。軽油12.7L 単価:101- 金額:1,259-
平均燃費:16.90Km/L

給油して、更に箱根峠、三島往復2回プラス市内
合計:477.8Km走行し給油。軽油27.55L 単価:101- 金額:2783-
平均燃費:17.34Km/L

箱根は箱根新道を渋滞気味で登ったり登坂車線で一気に追い越したり
して、前車と同じような条件で運転している。

ちなみに、前車では箱根峠往復1回と飯能復路1回、その他市内
合計:437.6Km走行し給油。ハイオク49.87L 単価:145- 金額:7,231-
平均燃費:8.69Km/L

結果:今度の車は、前車の約2倍走り、維持費は1/2強(56%)
と言う結果になった。

装備のテスト。
1・スマートブレーキサポート、クルーズコントロール
  高速で定速走行時、スマートブレーキサポートをONに
  して、現スピードをセットすれば前車との車間距離を保ち
  同じ車間でセットスピード内でのオートクルージングを
  行う。
結果:非常に有効な機能で、アクセルから足を離して椅子に
   座った状態のままハンドル操作のみの操作で済むため
   長距離走行時は無くてはならない装備だと思った。
注意:あくまでも高速道で使用する機能で、一般道の急カーブ
   等あるところでは場合によっては前車がいなくなったと
   勘違いしてスピードが出る事がある。

2・ブラインドスポットモニタリング、パーキングセンサ
  3車線または2車線でレーンチェンジしようとしてウインカ
  を出したとき、後方から来る車を検知し警報を発する。
結果:頭では分かっていても意外と見落としがあるのを認識した。
   自分ではまだ大丈夫と思っていても意外と危険なのだと
   改めて肝に銘じた。(大変有効)
   オプションで付けたパーキングセンサもバックカメラと
   共に静止物検知に役立つ。
    また、駐車場に頭から突っ込んで止め、バックで路上に
   出ようとすると近づいて来る車や人を検知してうっかりミスを
   無くせそう。




3・オートライトシステム
  この機能をONにしておくと、昼夜をとわづ周囲の状況を
  把握して、ロービーム、ハイビーム、消灯を切り替えてくれる
結果:有効
  山道を対向車が無い状態の時はハイビームで走行し
  対向車が来たら直ぐロービームに切り替わる。
   又、先行車のテールライトが見えた段階でロービーム
  に、急カーブで減速したらロービームに切り替わる。
   更に都市部の高速走行時周囲に外灯がある場合はロービーム
  のままで走行する。

4・車線逸脱装置
  走行車線を車輪が踏んだら左右踏んだ側のスピーカからブーン
  と言う連続音が発せられ車線逸脱を知らせてくれる。
結果:無いより有った方が良いかな?。
  居眠り運転などの警報には役立つと思うがまだ必要には
  なっていない。

5・LEDフォグランプ
  オプションで付けたが、値段の割には効果が無い。
  近くを照らしすぎて車幅灯程度の機能しか無い。(50,000-弱)

6・ディーゼル音
  オプションの”サウンドスムーザー”なるものを装着しているが
  効果は良く分からない。私が思っている以上にディーゼル音は
  している。(特に暖気運転時は音が大きいような気がする。
   また、市内定速運行時はやはりディーゼルを意識する。
  高速運行時は、エンジンの回転数が1500-1700(常にこの領域を
  使用している)のためかえって静かに感じる。

7・ 上記にはi-ELOOP(減速エネルギー回生装置)がついている。
  私は箱根峠を良く使用するのでブレーキングは重要なので
  前車にも付いていた回生システムを選んだ。
結果:山を下りるときアクセルを離しているので回生装置が負荷に
  なり、適度に減速してくれ、尚且つこの車のATが最適な
  ギヤを選んでなるべく車速を上げないよう工夫されていて
  ブレーキングの回数が少なくて済む。(良好)

8・乗りごごち
  私にはちょっと硬いかな?
  私的には、タイヤのサイズを落として扁平率を下げて
  ゆったりモッタリと乗りたいものだ。

総合的に見て、前車からの乗り換えは成功したと思っている。
今回は前車が良すぎたため下取り金額を聞いたらショックだったが
全部で4社見積もりを取り、その中でもマツダの条件が一番と同じ
金額で納車まで乗っていられたのと、この車にどうしても乗って
みたいというわがままで家内を説得し追金もかなり出たが思い切った
のが結果的に成功と言うことになった。
一番良い点は、どこまでも乗って行きたいと言う気持ちにさせて
くれる点だ。納車後15日でオドメータな745Kmになったが運転の
疲れがあんまり無い非常に優れた車に仕上がっていると思う。



CX-3納車

3月28日に契約して納車は5月20日過ぎと
言われていたが、4月3日に連絡があり
4月14日から生産開始になったとの事。
順調にいけば4月中にはに納車できるとの事。
そして、実際の納車日は4月25日だった。
(早すぎる、現在乗っている車を早く引き取りたい
ためかと疑いたくなるような速さだ)
まっ、それはさて置き納車は早いに越したことは
無いので良しとした。

仕様は
2駆の最上位(XD Touring LPackage 6EC-T
安全装置てんこ盛り
ナビゲーション、
ETC,
パーキングセンサ
それにTVキャンセラーとてんこ盛りの装備。

早速燃料を満タンにして試乗した。
エンジン音はやはりディーゼルエンジンなので
独特な音はするが昔のようにアイドリングで
ハンドルがビビるようなことはなく
車内に入れば気にならないレベルである。

走り始めるとアクセルにそっと触れているだけで
グーと押し出される程のトルクだ。
アイポイントが高いせいもあり実際のスピードより
速度が出ている。
ATのギヤの選択がいいのかエンジンの回転は
殆ど1500~1700回転で巡航する。
1日目は40Km程走ったが、休みの日で結構渋滞していて
平均燃費は15.5Km/lだった。
その後1週間乗ってみてすでに500K弱走行して
平均燃費は18Km/Lで推移している。
その間、箱根峠を2回往復し箱根新道では登りの
追い越しで瞬発力もあるのを確認した。


cx-3-1cx-3-2
cx-3-3












総評:
良い点
1・燃料が軽油で尚且つ燃費が良いので財布にやさしい。
2・安全装備がてんこ盛りでうっかりミスが防げそう。

残念な点:
1・静かに成ったとはいえやはりディーゼル音が少し気になる。
2・室内灯やウインカがLED化されていない。(ヘッドライトは
LEDになっている)なんかチグハグ。
3・最上位だけに革張りシートがついているが白しか選べず
車格から見てセンスが無いように感じた。

追記:
燃費の件
この調子でいくと、一般道の平均値:16km/L、高速道の平均値20~22Km/Lは期待できそう。

すごい! 天才少女歌手発見!!

最近ブログの更新をさぼっていましたが
昨日ユーチューブでたまたま検索中に気になったフレーズ
”琴線に触れる歌声 日系ブラジル人少女 山下ヤスミンちゃんとは?”から歌をきいたところ本当に”心にしみる”感動をしたので皆さんに一度聞いてみてほしくて・・・・。

http://matome.naver.jp/odai/2140542231690671701


まあ、一度聞いてみてください。 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ