ぐたぐた日記

思いつくままに、最近の出来事を日記にして保存

落雷被害で火災保険がおりた。

今年の9月2日朝、我が家に雷が落ちた。(近くに落ちたのだろうが一瞬の閃光とともにドカーンと大きな音がした。
今まで見ていたTVが一瞬で真っ暗になり、何やらメッセージが出ていた。読んでみたら、内容は定かではないがどうも受信データが飛んだようだ。そこで再セットを試みたが復旧しない。
保証書を確認したら5年延長保証をしていてあと3か月保証が残っていた。
そこで販売店に電話して修理手配を依頼し、その時言われた”ダメもと”の方法をして見る事にした。
その方法は、電源プラグを抜き30分ほどたってからプラグを入れ、初期セットアップをして見るとの事。
言われた通りやってみると、何と復旧したではないか。

次の不具合は、インターネットモデム。
PCを立ち上げても一向にネットに繋がらない。モデムを確認したらエラーランプが点いているだけ・・・。
電源リセットや電話サポートで復旧を試みるも復旧せず。ついにモデム交換と言う事になった。
ここで問題発生。
私のモデムは買取で、リースであれば物々交換で良かったのに買取の場合コース変更をしてリースにしなければならないとの事。
これにはコース変更料金が発生するとの説明。しようがないのでコース変更する事とした。

更に2日後、いつもの宅急便屋が玄関ドアを直接ノックする。いつもだったらインターホンで呼んでくれるのに今日に限って何なのか?・・・。
宅急便屋は何も言わずに荷物だけ渡して帰っていった。
不思議だったので、インターホンのテストをしたところ、呼び鈴も鳴らず、応答もない。
早速本体の分解をしたところ、サージ吸収用素子”ZNR"が3個とも真っ黒になり菅ヒューズと共にすっ飛んでいた。
image1_R






そこでいつも使っている電子材料屋から素子とヒューズを調達し復旧を試みたが、
image13_Rimage14_R











電源は入り、今までの記憶は読み取れたが呼び鈴もカメラの受信も出来ない。どうもIC回路も逝かれたらしい。
これ以上復旧のしようが無いのでこのインターホンを諦め新しい物を選定し注文、それと取り付けして何とか復旧した。

長々と経緯を書いたが、ここまでの被害総額は¥25,000-弱。
まーしょうがないとあきらめていた。
10月に入って九州の親戚と会う機会が有りその時”雷”の件を話したら、火災保険に入っていれば落雷被害も保証されるはずとの情報。家内も私も火災保険は燃えない限り下りないものと思っていたのでビックリ。
後日、ダメもとで保険会社に電話をして確認したら保険金が下りるのが分かった。
それには、
1・事象が起きた正確は日時
2・壊れたとわかる証拠写真
3・詳しい説明分

これを査定して保険金を支払うとの事。

そこで暫くぶりに”WARD"使って報告書の作成そこに記録のために撮っておいた写真を埋め込み保険会社に送付した。

一週間もしないうちにはがきが来てその日の内に入金されていた。その金額は私が請求した金額より約¥5,000-多くなっていた。(まあ、多いのだから文句は無い)


ETC2.0再セットアップサポートキャンペーン

対象:DSRC(ITSスポット対応)車載器を6月30日以前に購入・セットアップした人 

今年9月11日に国土交通省より「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針」が発表され、この方針を受けて9月18日に東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、首都高速道路(株)及び(独)日本高速道路保有・債務返済機構より「首都圏の新たな高速道路料金の具体案」が発表されました。 
 この中で来年4月よりETC2.0車載器搭載車に対する圏央道割引等のサービスが盛り込まれています。 
 これらのサービスをご利用いただくためには、今年6月30日以前にDSRC(ITSスポット対応)車載器を購入・セットアップされた方は、再セットアップ(セットアップ内容の変更)が必要になります。 
 利用者の皆様にできる限り負担をおかけすることなく、円滑にサービスをご利用していただけるよう、以下のキャンペーンを実施します。 

再セットアップ料金の”最大:2,700-を助成 

先着10万名 

対象:2015年6月30日以前に購入・セットアップしたETC2.0対応車載器※ユーザーで、ETC2.0再セットアップを行い、かつ申込書のアンケートに回答した方 

申込期間:2015年10月29日(木)~2016年3月31日(木) 


上記の情報を今日知った。 
今年の4月に購入した車だがどうもだめらしい。 
そこで購入したディーラーに電話をしたが誰もキャンペーンの事を知らない。 
折り返しで帰ってきた答えは、”再セットアップは出来ますがキャンペーンには参加していません” 
との回答。事前に参加している企業名簿をチェック 
していたのでショックは無かったがあまりにも情けない。 
そこで、HPに書いてあった問い合わせ先に電話してやっと手続きの方法が分かった。 

それによると、 

1・キャンペーンに参加している企業に電話確認し確実に対応可等を事前チェック。 
  (費用と自己負担額を確認しておく) 

2・車を持って行き再セットアップキャンペーンで有る事を言い申込書を記入してセットアップしてもらう・。 

3・申込書のアンケートを記入して通常のセットアップ 
料金から最大2,700-を差し引いた費用を払う。 

以上のようです。 

情報を積極的に取に行かなければ損をする時代だと思った。 

詳しくは、下記URLからどうぞ!! 

http://www.go-etc.jp/etc_cp/setup.html

CX-3燃費及び装置のテスト報告

4/25納車で半月経ちましたが一度燃費報告をいたします。
最初に、納車後すぐ満タン給油。26.3L
その後、市内と箱根峠、三島往復
合計:210.7Km走行し給油。軽油12.7L 単価:101- 金額:1,259-
平均燃費:16.90Km/L

給油して、更に箱根峠、三島往復2回プラス市内
合計:477.8Km走行し給油。軽油27.55L 単価:101- 金額:2783-
平均燃費:17.34Km/L

箱根は箱根新道を渋滞気味で登ったり登坂車線で一気に追い越したり
して、前車と同じような条件で運転している。

ちなみに、前車では箱根峠往復1回と飯能復路1回、その他市内
合計:437.6Km走行し給油。ハイオク49.87L 単価:145- 金額:7,231-
平均燃費:8.69Km/L

結果:今度の車は、前車の約2倍走り、維持費は1/2強(56%)
と言う結果になった。

装備のテスト。
1・スマートブレーキサポート、クルーズコントロール
  高速で定速走行時、スマートブレーキサポートをONに
  して、現スピードをセットすれば前車との車間距離を保ち
  同じ車間でセットスピード内でのオートクルージングを
  行う。
結果:非常に有効な機能で、アクセルから足を離して椅子に
   座った状態のままハンドル操作のみの操作で済むため
   長距離走行時は無くてはならない装備だと思った。
注意:あくまでも高速道で使用する機能で、一般道の急カーブ
   等あるところでは場合によっては前車がいなくなったと
   勘違いしてスピードが出る事がある。

2・ブラインドスポットモニタリング、パーキングセンサ
  3車線または2車線でレーンチェンジしようとしてウインカ
  を出したとき、後方から来る車を検知し警報を発する。
結果:頭では分かっていても意外と見落としがあるのを認識した。
   自分ではまだ大丈夫と思っていても意外と危険なのだと
   改めて肝に銘じた。(大変有効)
   オプションで付けたパーキングセンサもバックカメラと
   共に静止物検知に役立つ。
    また、駐車場に頭から突っ込んで止め、バックで路上に
   出ようとすると近づいて来る車や人を検知してうっかりミスを
   無くせそう。




3・オートライトシステム
  この機能をONにしておくと、昼夜をとわづ周囲の状況を
  把握して、ロービーム、ハイビーム、消灯を切り替えてくれる
結果:有効
  山道を対向車が無い状態の時はハイビームで走行し
  対向車が来たら直ぐロービームに切り替わる。
   又、先行車のテールライトが見えた段階でロービーム
  に、急カーブで減速したらロービームに切り替わる。
   更に都市部の高速走行時周囲に外灯がある場合はロービーム
  のままで走行する。

4・車線逸脱装置
  走行車線を車輪が踏んだら左右踏んだ側のスピーカからブーン
  と言う連続音が発せられ車線逸脱を知らせてくれる。
結果:無いより有った方が良いかな?。
  居眠り運転などの警報には役立つと思うがまだ必要には
  なっていない。

5・LEDフォグランプ
  オプションで付けたが、値段の割には効果が無い。
  近くを照らしすぎて車幅灯程度の機能しか無い。(50,000-弱)

6・ディーゼル音
  オプションの”サウンドスムーザー”なるものを装着しているが
  効果は良く分からない。私が思っている以上にディーゼル音は
  している。(特に暖気運転時は音が大きいような気がする。
   また、市内定速運行時はやはりディーゼルを意識する。
  高速運行時は、エンジンの回転数が1500-1700(常にこの領域を
  使用している)のためかえって静かに感じる。

7・ 上記にはi-ELOOP(減速エネルギー回生装置)がついている。
  私は箱根峠を良く使用するのでブレーキングは重要なので
  前車にも付いていた回生システムを選んだ。
結果:山を下りるときアクセルを離しているので回生装置が負荷に
  なり、適度に減速してくれ、尚且つこの車のATが最適な
  ギヤを選んでなるべく車速を上げないよう工夫されていて
  ブレーキングの回数が少なくて済む。(良好)

8・乗りごごち
  私にはちょっと硬いかな?
  私的には、タイヤのサイズを落として扁平率を下げて
  ゆったりモッタリと乗りたいものだ。

総合的に見て、前車からの乗り換えは成功したと思っている。
今回は前車が良すぎたため下取り金額を聞いたらショックだったが
全部で4社見積もりを取り、その中でもマツダの条件が一番と同じ
金額で納車まで乗っていられたのと、この車にどうしても乗って
みたいというわがままで家内を説得し追金もかなり出たが思い切った
のが結果的に成功と言うことになった。
一番良い点は、どこまでも乗って行きたいと言う気持ちにさせて
くれる点だ。納車後15日でオドメータな745Kmになったが運転の
疲れがあんまり無い非常に優れた車に仕上がっていると思う。



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ